レーシック手術費用

レーシッククリニックで費用&保障の二つが充実しているのはここ!

品川近視クリニック
  • これまでの施術数がなんと110万症例以上で世界No.1
  • 7,500人の眼科医が集う世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞
  • 手術を受けた患者満足度99.5%
  • 業界最安値となる7.5万円から手術可能

レーシック
品川近視クリニックで適応検査の予約をする&サービス内容を詳しく見てみる

レーシックと生命保険

レーシックと生命保険の関係についてですが、生命保険や医療保険に加入している人は、加入している保険会社によっては手術給付金が出る場合があります。レーシックの治療は残念ながら健康保険の適応にはなりませんので、生命保険などで補えるのであれば大変ありがたいですね。加入している保険内容にもよると思いますので、事前に保険会社に確認しておくと安心です。もし生命保険の適応にならなかった場合でも、医療還付の手続きをすると戻ることもあるそうですので、そのあたりも事前に確認しておくのが良いでしょう。領収書などもきちんと保管しておくことをお勧めします。

 

レーシックを受けた場合の生命保険の給付金ですが、私の知人数名は保険会社から受ける事が出来ていますので、それほど厳しい条件ではないと思います。レーシックの手術費用全額かどうかは確認していませんが、保険会社からも出るので個人の負担金はそれほど大きくはなかったようです。でも、全ての保険会社がレーシックの手術の適応とは言えませんので、レーシック手術を受ける前に確認しておいた方が安心してレーシックを受けることができますね。保険適応と言うことが明らかになった場合は、医師に診断書を書いてもらうようにして下さい。加入している保険内容などにもよると思いますので、保険会社に詳細を聞くようにしてみると良いでしょう。

レーシックと保険

レーシックの治療の際の保険についてですが、残念ながら社会保険は適応されません。レーシックの治療はいわゆる自由診療と呼ばれるものです。クリニックによってレーシックの手術の金額が違うのは、この自由診療のためなのです。簡単に言うと各クリニックが価格を自由に決めることができるのです。レーシックは社会保険の適応はされませんが、生命保険や医療保険によっては手術給付金と言うものを申請後に受け取ることができます。ですから、レーシックの治療前に加入されている保険会社に確認してみるといいですね。レーシックが健康保険の適応になっていたなら、レーシックを受ける人は更に増えているかもしれませんね。
レーシックは保険適応外とのことで最初から諦めてしまう人も多いのですが、加入している生命保険や医療保険の加入内容によっては保険がおりる場合があります。社会保険が適応されなくても生命保険などで給付金が出ると、かなり経済的にも違いますね。もし、加入している生命保険や医療保険が適応されなくても、医療控除を受けることも可能です。確定申告の際に税務署に問い合わせると親切に教えてくれます。保険給付金目当てにレーシック手術直前に生命保険や医療保険に加入しても、給付金が出ない場合もありますので、事前の確認をしておくと安心です。