レーシック手術費用

レーシッククリニックで費用&保障の二つが充実しているのはここ!

品川近視クリニック
  • これまでの施術数がなんと110万症例以上で世界No.1
  • 7,500人の眼科医が集う世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞
  • 手術を受けた患者満足度99.5%
  • 業界最安値となる7.5万円から手術可能

レーシック
品川近視クリニックで適応検査の予約をする&サービス内容を詳しく見てみる

レーシックの費用

レーシックを受けたいけれども一体どのくらいの費用がかかるのか興味のあるところですね。レーシックが日本に入って来たのが2000年なのですが、その頃のレーシック費用は既にレーシックを実施していた欧米等に比べると格段に高い費用でした。しかし、近年は芸能人やスポーツ選手などの体験などの口コミの効果なのか、一般的にもかなり浸透してきています。レーシックを取り入れている眼科も増えてきましたし、クリニックも都心だけではなく地方にも出来ています。基本的な費用はどこのクリニックでも同じ位ですが、レーシックと言っても色々な種類がありますので、行う術式によっても費用は変わってきます。

 

レーシックの費用は最近では安い所で10万以下のクリニックもあります。その人の目の状態や、望んでいるレベル、適応状況により、眼に合った状態のレーシックを受けることをお勧めします。そうなりますと、例えば激しいスポーツをする人などは、普通のレーシックよりもより精巧なレーシックが好ましいので、その場合は通常のレーシックより費用は高くなります。最初にかかる費用はちょっと痛いかもしれませんが、これまでのメガネやコンタクトレンズの消耗品の負担を考えると、レーシックの費用はそれほど大きなものではないかもしれませんね。そして、何よりも裸眼で生活できると言う喜びが得られるのですから。

レーシックの料金

レーシックの料金について知りたい人も多いと思います。最近では普通の眼科でもレーシックを取り入れていたり、レーシック専門のクリニックもかなり増えてきています。実はレーシックと一口で言っても、色々な種類があり料金も変わってきます。これはレーシックを受ける人の目の状態や希望などによってレーシックの手術の内容が違ってきますから、当然使用する機械も変わります。それによってレーシックの料金も色々な設定があるのです。レーシックを受ける時には手術の料金だけでなく、その後のケアもしっかりしてくれるのかどうかも確認した方が良いです。

 

レーシックの料金は一般的には両目で10万円ほどから受けることができます。でも、中には普通のレーシックでは対応のできない角膜状態の人の場合や、ある程度衝撃を受けても大丈夫なほどの強力なレーシックを受ける人の場合は、通常のレーシックではなく、より精度の高いイントラレーシックがお勧めなのですが、最近ではレーザーを使用して治療する、イントラレーシックの人気が高まって来ています。そうなりますとレーシック料金は一般的なレーシックよりは高めの設定になっています。レーシックを受ける場合には、眼の状態と料金の事も含めて医師と綿密な話し合いで決めるのが良いですね。

レーシックの治療

レーシックの治療が注目されてきていますが、興味を持っている人も多いと思います。レーシックの治療は近視ばかりではなく遠視や乱視の治療も行います。治療法としては、角膜にレーザーを照射して視力回復をします。長年コンタクトやメガネに頼って生活して来た人にとっては、レーシックによって裸眼で生活できる快適さと言うのは、何にも替え難い喜びを感じます。ですが、レーシックの治療は誰にでもできるものではなく、たとえば重い内科疾患のある人や元々目に特殊な病気を持っている人は医師の診断を受けなければいけません。レーシックの治療を受ける際には、どこのクリニックでも必ず事前検査が行われますので、そこで適応できるのかどうか、他の方法は無いのかなど相談されるのが良いでしょう。

 

レーシックの治療は思っているほど重く考える必要はありません。当然、眼の手術ですから不安や心配もあるかと思いますが、レーシックの治療自体は20分程度で終わってしまいますし、幾つかの術後の注意点を守れば、当日から普通の暮らしができます。副作用もかなり少ないのですが、万が一出た場合でも術後のケアで改善しますし、日が経過することで解放に向かいます。メガネやコンタクトなどに代わり、今後レーシックの治療はますます進んでいくことでしょう。

レーシックと手術給付金

レーシックを受ける場合、社会保険の適応にはなりませんので手術給付金をもらうことはできません。レーシックは全て自己負担と言う事になります。社会保険は適応になりませんが、生命保険や医療保険では手術給付金がおりるケースがあります。大体の保険内容では適応されるケースが多い傾向にあります。しかし、個人が加入している内容にもよりますので、レーシックを受ける前に確認しておくと安心です。レーシックを受ける直前に手術給付金目的で加入しても、すぐに適応になるとは限りませんので、自己負担覚悟でレーシックに臨んだ方がいいかもしれませんね。

 

レーシックは保険適応外ですから、自己負担または加入している生命保険や医療保険からの手術給付金がおりるかどうかにより、かなり経済的負担が変わってきますね。生命保険などの契約内容によっては手術給付金がおりる場合もありますが、そうでない場合でも確定申告で申請すれば、医療控除が受けられます。この場合は税務署で聞くと親切に教えてくれますが、レーシックを受けた際の領収書等が必要になりますので、保管しておくようにして下さい。レーシックもこれだけ普及してきていますから、保険適応になるのももしかしたら遠い未来の話ではないかもしれませんね。