レーシック手術費用

レーシッククリニックで費用&保障の二つが充実しているのはここ!

品川近視クリニック
  • これまでの施術数がなんと110万症例以上で世界No.1
  • 7,500人の眼科医が集う世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞
  • 手術を受けた患者満足度99.5%
  • 業界最安値となる7.5万円から手術可能

レーシック
品川近視クリニックで適応検査の予約をする&サービス内容を詳しく見てみる

レーシックで遠視治療

レーシックは近視のための治療しかないと思われがちですが、遠視にも有効です。遠視は遠くのものが見えて近くのものが見えない状態だと勘違いしている人も多いですが、遠いものでも近いものでもピントが狂って合わない状態を遠視と言うのです。遠視は本来持っている調整力で、ある程度は裸眼でもカバーできるのです。しかしそれが無理な場合、遠視のためのレーシックを行うことも可能です。近視の場合は、角膜の中心を削ってカーブを平らにして角膜の屈折力を低くして矯正しますが、遠視の場合は、角膜の周りを削って角膜の中心部分の角度を急にして角膜の屈折力を上げて矯正します。

 

レーシックで遠視も矯正できますが、メリットばかりではなくデメリットもあります。例えば、視力の安定に時間を要することや、遠視の再発の可能性もあること、暗闇で光がにじんで見えるハロ・グレア現象が起こり易いなど、また加齢とともに調整力がなくなって遠視に影響してくるなど、術後に懸念しなければならない点もレーシックを受ける際には考慮した方が良いです。でも、職業柄やスポーツで活躍している人にとっては、遠視でもどうしてもレーシックを受けなければならないと言う場合、かなり性能の良いレーシック機器を取り入れているクリニックもありますので、カウンセリングや適応検査の際に医師に相談して決めるのがベストです。