レーシック手術費用

レーシッククリニックで費用&保障の二つが充実しているのはここ!

品川近視クリニック
  • これまでの施術数がなんと110万症例以上で世界No.1
  • 7,500人の眼科医が集う世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞
  • 手術を受けた患者満足度99.5%
  • 業界最安値となる7.5万円から手術可能

レーシック
品川近視クリニックで適応検査の予約をする&サービス内容を詳しく見てみる

イントラレーシック

イントラレーシックと通常のレーシックの違いは、フラップと呼ばれる角膜の蓋を作る工程が違います。一般的にレーシックと呼ばれるものは電動カンナで角膜を削ってフラップを作成するのですが、イントラレーシックはレーザーによってフラップを作ります。その際、動いたとしても、コンピューターで制御されますので、ずれることなく治療できますので大変安心です。イントラレーシックは、通常のレーシックでは角膜が薄くて手術出来なかった人でも受けることができますので、過去にレーシックを断念した人でも、イントラレーシックで視力回復をした人が増えています。

 

イントラレーシックは通常のレーシックよりもフラップを薄く作ることが可能で、かなり強度なことから、格闘家や激しいスポーツをする人にはお勧めの手術方式です。また、イントラレーシックは、レーシック手術後に現われ易いハロ・グレア現象が起こりにくいと言われています。レーシックよりもかなり優れた術式ですので、これからはイントラレーシックが主流になる傾向にあるようです。どちらが良いのかは、眼の状態にもよりますので専門医に相談して納得の行く方法を選択するのがいいですね。また、イントラレーシックは乱視や歪みをも矯正できますので、今後はますます話題を呼びそうです。

レーシックの眼科

レーシックを受けたいけれど、どこの眼科やクリニックで受けたら良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。レーシックはどこの眼科でも受けられるのかと言うと、そうではありません。レーシックの専門医のいる眼科やクリニックでなければ施術してはいけないことになっています。レーシックを受ける際には、レーシックの専門医が常に居るような眼科を選ぶのが良いです。最近はレーシックの普及により専門のクリニックも多くなりました。口コミや体験者のお話を聞いて参考にするのも良いですね。実際に受けたことのある人の体験談は貴重な情報になります。

 

また、レーシックを受けてみたいと思う眼科やクリニックがあれば、実際に行ってみてスタッフの対応や施設の清潔さなどをチェックすることも必要です。大概のクリニックには医師の実績や業績なども待合室に掲示してありますので、その実績を指標にするのもいいですね。最近では無料説明会を開いているクリニックも多くありますので、その際に説明を聞いて納得のできるクリニックを選ぶのも一つの方法です。実際にレーシックを担当する医師によるお話は、迷っている背中を押してくれるかもしれません。また、名の通った大きなクリニックで受けた方が無難と言う考えもありますね。

レーシックを比較する

レーシックを比較する場合、料金とクリニックの質について考えると良いです。レーシックの料金は、行う手術の内容によって変わってきます。レーシックと言っても通常のレーシックや、角膜が薄くて従来のレーシックでは角膜の形状を矯正出来なかった人も受けることができるエピレーシック、また、完全にコンピューター制御で管理されているイントラレーシック、格闘技などの激しいスポーツをする人などに適合するのはエピレーシックです。このように、その人の目の状況とライフスタイルに応じてレーシックを比較することによって、ピッタリのレーシックを受けることができます。

 

レーシックを比較すると術後のケアの状態も多少違いがあります。通常のレーシックの場合ですと、術後3回ほどの検診で完了ですが、エピレーシックの場合は、合併症のリスクを最小限にとどめるため、9回位は検診を受けなければなりません。また、レーシックの痛みを比較してみても、通常のレーシックの場合は殆ど痛みを感じることがありませんが、エピレーシックは数日間の痛みが発生することもあります。幾つかのクリニックを比較検討して、より親密になって相談を受けてくれる信頼のできそうな医師のいるクリニックを選択した方が良いでしょう。

レーシックの安全性

レーシックの安全性について心配している人も多いと思います。レーシックは目の手術ですから、もし失敗したら失明につながると言う心配がありますね。レーシックの歴史そのものがまだ浅いのですが、それにしても今までにレーシックによる失明は1件も報告されておりません。レーシックは最も安全な視力回復法と言われています。日本にレーシックが入ってきてからはまだ12年ほどですが、日本においてもレーシックの安全性については認知され、高い評価を得ています。レーシックそのものについては安全ですが、稀に合併症や感染症を引き起こすことがあります。
レーシックは大変安全な視力回復手術ですが、手術を受けた後に起こる現象の多くは、ドライアイを体験する人が多いです。これは角膜の知覚神経を切ったことにより起きる現象ですが、人によって個人差がありますので、必ずしも起きると言うわけではありませんが割と高確率でドライアイになる人が多いようです。しかし、レーシックの失敗によって見えなくなるとか目に傷がつくと言うことはないので、レーシックの安全性については、あまり心配しなくても良いのではないでしょうか。ただ、人によっては視力が元に戻ってしまったと言う残念な結果になる人もいますが再手術によって視力回復を果たしています。