レーシック手術費用

レーシッククリニックで費用&保障の二つが充実しているのはここ!

品川近視クリニック
  • これまでの施術数がなんと110万症例以上で世界No.1
  • 7,500人の眼科医が集う世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞
  • 手術を受けた患者満足度99.5%
  • 業界最安値となる7.5万円から手術可能

レーシック
品川近視クリニックで適応検査の予約をする&サービス内容を詳しく見てみる

レーシックの副作用

レーシックの副作用と言うものがあるのかどうか気になるところだと思います。レーシックは極めて安全性の高い視力回復手術ですので、失明と言う報告は今までに1件もありませんが、個人差がありますが副作用の現れる人がいます。レーシックの副作用で顕著なのはドライアイです。ドライアイはレーシックを受けた人の多くに現われると言われていますが、時間の経過とともに落ち着いてきますし、処方される薬で改善してきますので、それほど心配はしなくても良いでしょう。元々ドライアイだった人の症状が一定期間更にひどくなると言う人も中にはいるようです。

 

レーシックの副作用としてドライアイの次に多いのは、暗い所や明るい所で、光の周りがにじんで見えたりぎらついて見えたりするハロ・グレア現象は高確率で現われます。レーシック自体で失敗はないものの、全ての人に100%の満足度を提供するのは大変難しく、副作用にも個人差があるので、それを副作用と捉えるかそうでないと捉えるかはレーシックを受けた人の判断になります。レーシックを受ける前に、これらの起こりうる副作用についても医師から十分に説明を受け、その場合の対処はどのようにしてくれるのかなど確認してから納得してレーシックを受けることをお勧めします。

レーシックの失敗談

レーシックの失敗談については、これからレーシックを受けようと思っている人にとっては大変気になるところだと思います。レーシックは最も安全な視力回復の手術であると認められていますが、失明と言う最悪の事態をまだ招いてはいないものの、完璧であるとも言えないのが実情です。失敗談と言う定義付けがどの程度を言うのかは個人の感じ方によると思うのですが、例えば、もっと視力が出ると思ったのにある程度までしか出なかった場合や、レーシックを受けた後に加齢とともに老眼が進んで手もとの物が見えにくくなったなどと言う例もあります。

 

レーシックの失敗談として件数が多いのは、視力回復はしたものの時間の経過とともに半年後や1年後にはまた元の視力に戻ってしまったと言う話を聞きます。その場合は再手術をすることによって改善して行きます。また、合併症を失敗談と言ってしまって良いのか微妙ですが、割と多くの人に高確率で現われる症状などもありますので、レーシックを受ける際には、事前に失敗談や合併症、後遺症などについても確認して、納得の行く内容であれば受けてみても良いと思います。ある程度つきものの合併症を失敗と受け取るかどうか個人差もあることから、難しいところでありますね。