レーシック手術費用

レーシッククリニックで費用&保障の二つが充実しているのはここ!

品川近視クリニック
  • これまでの施術数がなんと110万症例以上で世界No.1
  • 7,500人の眼科医が集う世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞
  • 手術を受けた患者満足度99.5%
  • 業界最安値となる7.5万円から手術可能

レーシック
品川近視クリニックで適応検査の予約をする&サービス内容を詳しく見てみる

レーシックの痛み

レーシックの痛みについて心配で、レーシックを受けたいけれども迷っている人も多いと思います。実際にレーシックの手術時間は両目で15分前後ですが、角膜にレーザーを当てるのは数秒です。レーシックを受けた殆どの人は痛みを感じなかったといいます。気付いたら終わっていたみたいな感じです。ただ、痛みはないのですがレーザー照射しますので、多少の焦げ臭さが気になったと言う人もいます。焦げ臭いくらいは痛みに比べると我慢できますね。レーシックが終わった後も痛くて眠れなかったと言う話は聞いたことがありません。翌日からも仕事を普通にできますし、痛みに関してはそれほど心配しなくても良いでしょう。
レーシックを受ける時にはもちろん麻酔をしますので、痛みを伴うことはありません。どのような麻酔かと言いますと点眼タイプの麻酔です。通常のレーシックの場合は痛みを伴うことは殆どないのですが、イントラレーシックの場合は、術後もかなり痛みが続くと言うケースが多い傾向にあります。中には翌日まで痛みが続くと言う人もいますし、ずっと涙が出っぱなしと言う人もいます。痛みに関しては個人差がありますので、どれほど痛いかは受けた本人でなければ解らない部分でもありますが、処方箋なども出ますので耐えられる範疇ではないでしょうか。

レーシックの再手術

レーシックの再手術は殆どの人の場合は考えなくて良いのですが、中にはレーシックを受けた後せっかく取り戻した視力が時間と共に元に戻ってしまと言う残念な結果になる人もいます。その場合にはレーシックの再手術を行うことによって視力回復に努めます。レーシックによる致命的な失敗は失明と言うことになると思うのですが、失明については今のところは症例がないと言われているほど、レーシックは極めて安全な視力回復の手術です。しかし、視力が元に戻ってしまうと言う点で、医師の判断と個人が求めている見え方に差がある場合があります。後々再手術しなくても良いように、レーシックを受ける前の事前検査の時に、自分はどの程度までの視力を求めているのか、また医師の見解についても充分に討議する必要があります。
レーシックの再手術をすることになった場合、手術費用はどうなるのか気になる所ですが、殆どのクリニックでは、クリニックが負担します。しかし、その後も再手術の必要性が出てきた場合は、医師の判断と言うことになりますので、最初にレーシックを受ける前に充分確認しておく必要がありますが、できればレーシックの再手術は避けたいですね。そのためには、日ごろから目についての自分なりの見解や感じている事など、困っている事などを事細かに医師に相談することによって、思い通りの視力や結果を手に入れることが可能になるのではないでしょうか。