レーシック手術費用

レーシッククリニックで費用&保障の二つが充実しているのはここ!

品川近視クリニック
  • これまでの施術数がなんと110万症例以上で世界No.1
  • 7,500人の眼科医が集う世界最高峰の眼科学会で最優秀賞を受賞
  • 手術を受けた患者満足度99.5%
  • 業界最安値となる7.5万円から手術可能

レーシック
品川近視クリニックで適応検査の予約をする&サービス内容を詳しく見てみる

レーシックについて聞いたことがありますか?レーシックとは、近視回復手術で近年大変話題を呼んでいます。スポーツ選手や芸能人がレーシックを受けたことによって認知度も上がって来ていますが、日本に入って来てからはまだ10数年ほどです。しかし、これまでメガネやコンタクトに頼らなければ生活できなかった人々にとっては、レーシックはまさに救いの神です。これまでの煩わしい装着やケアから解放されるのですから、精神的ストレスもかなり減ることになります。また、最初の手術費の他にはコンタクトレンズなどの継続的な経費の負担がないのも人気の秘密の一つではないでしょうか。

 

レーシックを受けてみたいけれども不安を持っている人も多いと思います。手術時間は僅か数分ですし、麻酔をする段階から全て終了するまででも大体15分程度です。入院する必要もなければ仕事を休まなくても日帰りできます。もちろん痛みは殆どありません。では、レーシックとはどのような手術かと言いますと、眼の表面にある角膜にレーザーを照射して角膜のカーブを変えることによって視力を調整します。レーシック治療を受けた人の殆どは1.0〜1.5の視力を手にいれています。手術後ベッドから降りた瞬間にクリアに見える人も多いそうです。長年近視で悩んでいたのが僅か数分で明るい生活を取り戻すことができるのであれば、是非一考してもいいかもしれませんね。

視力回復にレーシック

視力回復の方法には幾つかの種類があります。病院から処方される点眼薬で治療をする方法もありますが、あまり効果がないと言われていますし、副作用の面でも問題があります。目の近視トレーニングもありますが、短時間でそれほど大きな効果を期待できるとは言えません。そこでメガネやコンタクトレンズで視力調整をしている人がほとんどです。近年レーシックが話題に上り、スポーツ選手やタレントなどでレーシックによる視力回復を遂げた人々の数は鰻登りになっています。美貌が売り物の人気商売をしている人たちにとっては、メガネやコンタクトなしで視力回復できるレーシックは、願ってもない方法です。

 

レーシックによって視力回復した人には夢のような明るい生活が待っています。両目で1.5前後の視力にまで回復することができるからです。これまでメガネやコンタクトに頼らなければ生活できなかった人が裸眼で何でも見えてしまうのですから、感動の連続ですね。レーシックを受けることによって視力回復して周りのものが綺麗に見えるようになると、体調も良くなると言います。目の見え方で精神面にまで影響してしまうのですね。視力回復によって明るい未来まで手に入ってしまうのなら、レーシック受けてみてもいいかもしれませんね。

レーシックの危険性

レーシックの危険性について心配されている方も多いと思います。レーシックは目の手術ですから失明につながる危険性もあります。ただ、レーシックの危険性と言っても定義付けが難しく、失明と言う点においてはそのような症例は今までに1件もあがっておりません。レーシックの手術はコンピューターで管理されていますので、医療ミスと呼ばれるレベルの失敗がないことから、レーシックの危険性についてそれほど深刻に考える必要はありません。

 

レーシックの危険性で言えば失明は考えにくいのですが、手術後に現われる副作用や感染症があるかと思います。副作用と言うのは極度のドライアイになったり、暗い所で光がにじんで見えるハロ・グレア現象などがあります。これらは術後の処置と日が経過することによって解消されます。また、レーシックを受けてから1年ほど経過して、以前の視力に戻ってしまったと言う人もいますが、再手術により回復しています。医師側の判断でこのくらいの視力なら大丈夫と思ってもレーシックを受ける本人の見え方に満足がいかないと言うのもあるかもしれません。そうならないためにも、事前のカウンセリングが重要になってきますが、レーシックそのものに対する危険性と言うのは極めて少ないと考えて良いでしょう。

レーシックの危険性とリスク

レーシックの危険性とリスクなどは、レーシックを受ける前に充分調べておく必要があります。レーシックは短時間で視力回復を期待できることから、近年急成長している視力回復法ですが、果たして危険性はないのでしょうか?実はレーシックは最も安全な視力回復手術であると言われています。手術は全てコンピューター制御で行われておりますので、人間の手による微妙なずれなどのような失敗は考えにくく、これまでにも失明の報告は1件もありません。レーシックのリスクについては、一般的に多いのはドライアイやハロ・グレア現象と言われています。
レーシックの危険性については、失明するほどのことはないと言われていますので、誰もが安心して手術を受けることができますが、眼に何か特別の病気などがある人は受けることができませんので、レーシックを受ける時には必ず事前検査を義務づけられています。レーシックのリスクとしては、元々ドライアイだった人が更にひどいドライアイになったり、白眼が充血していると言うリスクも時々あるようです。レーシックを受ける時には、良い面だけではなくリスク面も考慮しながら、どの程度まで受け入れることができるのか判断して受けるべきか考えた方が良いですね。